節約仙人のブログ【節約→デルタニュートラル・QYLDで億り人へ】

このブログは節約したお金をデルタニュートラル・QYLDに投資して複利運用して億り人を目指すブログ。ビットコインをはじめとした仮想通貨(暗号通貨)を使用したデルタニュートラル(デルニュー)のリスクや、メリット・デメリットを解説しています。主な取引所はBYBITとBINANCE。過去の成績や、失敗しない方法なども紹介しています。


(ローンは多めに組むのが正解?)配当金で車を買う【達成編:利回りと投資対象の関係】

わたしうつのは、今年配当金で車を維持することを成功させました。

こちらの記事で軽自動車の5年間にかかるトータルコストを検証しました。

 

 

utsunoblog.com

 

記事の結果から、月額30,000円弱の支払いが発生することがわかりました。

 

この記事では、月額3万円を支払うために必要な原資と、利回りについてまとめました。

 

 

 

 

頭金とローンの割合は超大切!

当たり前のことですが、一括購入が一番安く車を買う方法です。

ですが、投資をしている人は例外といえます。

その頭金、投資に回して利回り5%で運用したら、ローンの利息を上回りませんか?

 

例えば、100万円の頭金があって、投資に回せる余裕があるなら、それは頭金にするのではなく、利回り5%程度で運用した方が年間+2万円くらいの収支になります。(ローンの金利3%、車両価格300万円、ローン期間5年)

 

5年間で、プラス10万円です。(もちろん、元本が守られた場合ですが)

 

 

月々3万円の配当金・分配金を得るためには【利回りと対象商品の関係】

株式投資で得られる分配金・配当金で毎月3万円を得るために、どのくらいの元本が必要なのでしょうか?グラフにまとめてみました。

 

f:id:FX_love:20211027140956p:plain

月々3万円

 

毎月3万円の配当金を得るために適切な利回りは?

 

上のグラフについて考察していきたいと思います。

 

①1%:投資対象は国債?

3600万円が必要・・・

地主生まれ以外はこんなもんやらねえだろ!というのが正直な感想です。地主に生まれて、できるだけ元本を守りながら分配金をもらいたいというかたは、国債でも買えばいいんじゃないでしょうかね()

 

 

②2~4%:投資対象は株主優待

一気にハードルが下がります。

1800万円~900万円

ただし、私の肌感覚ですと、まだまだ利回りは上げてもいいんじゃないかな。というレベル。

1,800万円って、かなり大金ですよ。

ただし、国債では賄いきれない利回りなので、リスク少なめの株↓

株主優待狙い・安定している日本株などを狙えば十分にこの利回りは狙えると思います。

 

900万円なら時間をかければいけそう?

とにかく時間を味方につけて早く投資を始めることができれば、十分到達可能なんではないかと思います。

 

③【おすすめ?】5%~7%:投資対象→高配当株・REIT

ここからリスクは上がっていきます。

私は、この辺の利回りで「配当金で車を買う」を達成しました。

必要な元本は700万円~500万円。

節約仙人になって、3年くらい頑張れば達成できる現実的な数字です。

 

500万円までの道のりはこちらから ↓

 

 

utsunoblog.com

 

対象商品は日本株であれば、たばこ産業などが高配当で有名ですね~。投資はもちろん自己責任でお願いしますね!

 

今人気のアメリカ高配当株でいうと、たくさんあるので「米国株 高配当」だとかで検索すれば確実にヒットすると思います。

 

 

④8∼12%:「ふふふ・・・???」投資対象は存在するんか?

ここからは魔界なので、興味のある方だけ進んでくださいな

 

・デルタニュートラル

こちらは私が行っている。仮想通貨を海外取引所で運用して高利回りを達成する方法です。詳しい成績は記事にしてあるので参考までに。へんな勧誘とか絶対にしないので、安心してください。あくまでも、このような高配当・高利回りは存在するんだよという記事です。

 

utsunoblog.com

 

 

 

・アメリカ「超」高配当株

こちらはネット上で賛否両論である、QYLDなどへの投資です。

アメリカ株では、利回りが9∼12%のものが多く存在します。

こちらも元本は保証されていませんので、自己責任でお願いします。

 

・FXのさや取り

「FX」というワードで拒否反応を示し、このブログから離れようとすることは至極まっとうな反応ができていると思います。

FXの戦い方には数種類あって、モニターを並べてにらめっこ・・・みたいなのもありますが、「鞘取り」という方法も存在します。

こちらも、年間利回り5∼10%が狙える手法なので、興味のある方はやってみてください。

 

【配当金で車を買う】まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

私のおすすめは、しっかり勉強して年間利回り10%もねらいつつ、全振りではなく4-5%も保有し、しっかりとした利回りを確保することです。

 

そして節約に集中し、さらに不労所得を増やし、車以外の支出もカバーしていくことです。