デルタニュートラル研究所【仮想通貨,暗号通貨】

暗号通貨【ビットコイン(BTC)】【リップル(XRP)】【イーサリアム(ETH)】を利用した低リスク投資法のデルニューについて研究しています。取引所(bybitバイビット、バイナンスbinance)。金利(年利・月利)のまとめ。デルニューのメリット、デメリット、やり方、リスク、税金、確定申告など


  • 【クリックで応援】
  • 【超簡単なパソコンの選び方】おすすめはHDDを避けるだけ「選ぶよりも、避ける」(中古でも十分!)

    この記事では、初心者の方にもわかりやすいように、簡単な用語と説明を心がけています。細かいところでプロの方に突っ込まれそうな書き方があるかもしれませんが、あしからず。

     

     

     

    避けるべきパソコン

    パソコン選びで最も大切なのは、容量に「HDD」を使用しているか「SSD」を使用しているかです。

    「HDD」は必ず避けてください。あとは割とどうでもいいです。

    店頭で購入する場合も、ネットで購入する場合も、まずは「SSD」が使用されていることを確認しましょう。これが第一優先となります。

     

     

    家電量販店のパソコンは絶対に選んではいけない

     

     

    f:id:FX_love:20211206154357p:plain

    避けるべきパソコン

    そしてこちらも次に避けるべきパソコンとなります。

    店頭には、ピンからキリまでのパソコンが並んでいます。

    そのすべてに対して「よくこんな値段で堂々と売れるなあ」と思います。

    つまり、「圧倒的に割高である」ということです。

    完全に初心者をダマしに来ているので、お金に余裕のある方以外はネットで購入しましょう。

     

     

    おすすめのパソコン

    次に進みましょう。

    「HDD」「店頭での購入」を避けたとします。

    この時点では、まだ多くのパソコンが選択肢にあります。

    お好みのサイズや、重さなどもありますので、最低限の知識は以上になります。

     

    しかし私としては、上の2つを避けている時点で、初心者の方が使うパソコンでは、十分なスペックをすでに持っているため、あまりこだわらなくても大丈夫です。

     

    初心者向け:Office作業やネット閲覧

    SSDを使用しており、メモリが4~8GBほどあれば、十分にサクサクと動かせるはずです。メモリは、そのパソコンのスペック欄に記載してあるはずです。

    あまり心配してスペックの高いものを購入しても、お金がもったいないので気を付けましょう。

    しいて言えば、CPU(こちらもパソコンのスペック欄に記載しています)は、「Intel Core i数字」といったものを選べば、間違いないでしょう。

     

    価格の相場としては、中古相場では3万円以内でも購入可能ですし、新品では8万円ほどです。

     

    以下に、私的に信頼できるパソコンのリンクを貼っておくので、参考にしてください。

     

    Amazon | 東芝 ノートPC B35/15.6型/Win 11/MS Office 2019/Core i3-5005U/wajunのWIFI/Bluetooth(外付けUSBタイプ含む)/HDMI/8GB/128GB SSD (整備済み品) | wajun | パソコン・周辺機器 通販

     

     

     

     

    動画編集・プログラムミングをしたい方向け

    SSDを使用したうえで、CPUはCore i7のものを選びましょう。

    メモリは最低16GBといったところでしょうか。こちらのパソコンを求められる方は、すでに初心者ではないと思いますので、詳しくは割愛します。

     

     

    中古パソコンがおススメ

    いろいろなことが気にならないのであれば、中古のパソコンがすごくお勧めです。

    メルカリなどで、上記の条件で検索していただくと、たくさん出てきます。

     

    中古パソコンの選び方の注意点としては、

    ・日本語が怪しい出品者からは買わない。

    外国人が、入手経路が不明のものをわからずに売っている可能性があります。

    また、取引中や取引後になにかあった場合、日本語でのコミュニケーションがうまくいかず、フリマアプリ側の事務所を通して対応するなどの手間がかかります。

     

    ・商品の画像にやたらテキストで文字が書いてある

    こちらは、パソコンを売ることを生業としている場合があります。

    つまり、「相手がプロ」となります。

    この手の取引で、「プロ」VS「素人」という状況は、諸刃の剣です。

    相手が、「家電量販店」のような状況と似ているからです。

    知識のない人に、あたかもいいパソコンだということを言葉巧みに思い込ませ割高で購入させるということが起こっています。

    「プロ」は相手にしないようにしましょう。

    もちろん、「プロ」がすべて悪いと言っているのではありません。製品に自信を持っているからこその価格付けであり、それなりの保証もあったりしますからね。

     

     

    ・年式は、最古でも5年前のものを選ぶ

    中古パソコンはおすすめですが、古すぎるものは禁物です。

    内部の劣化が始まっていたり、バッテリーの劣化が著しいものがあるからです。

    目安としては、最も古くとも5年前がおすすめです。

     

     

    中古Macbookは今が狙い目?

     

    f:id:FX_love:20211206154426p:plain

    超簡単なパソコン選び



    個人的にはMacbookはおすすめです。

    2020年にM1Macbookが発表されてから、それまでのMacbookの中古相場は一気に下落しました。2016年製のMacbook Proは、5万円ほどで取引されていますし、セキュリティもまあまあ信頼できます。

     

     

    まとめ

    ①SSDを選ぶ(HDDは避ける)

    ②店頭ではなく、ネット(メルカリ)で購入する

    ③メモリは4GB以上・Intel Core iシリーズを選ぶ

     

    この3つだけで、十分です。

    価格の相場としては、フリマサイトで1万円代から購入することができます。 

     

    1万円代であれば、初心者の方も選びやすいのではないでしょうか。