デルタニュートラル研究所【仮想通貨,暗号通貨】

暗号通貨【ビットコイン(BTC)】【リップル(XRP)】【イーサリアム(ETH)】を利用した低リスク投資法のデルニューについて研究しています。取引所(bybitバイビット、バイナンスbinance)。金利(年利・月利)のまとめ。デルニューのメリット、デメリット、やり方、リスク、税金、確定申告など


  • 【クリックで応援】
  • イーサリアムのデルニューが強い件について

    イーサリアムのデルニューが強い件について

     

    さっそく、データを見ていきましょう。

     

    f:id:FX_love:20220309222943p:plain

    イーサリアムのデルニューが強い!

     

    開始時期はずれますが、グラフの初期では、BTCがズルズルと下げているときに、ETHは単独でうなぎのぼりでした。

     

    全体的な動きはそこからすべての通貨で同様でした。そののぼり具合も、形も似ています。XRPは2021年こそ調子が良かったものの、生涯成績ではETHには敵いません。

     

    また、2021年の12月頃から始まる下落相場の中でも、

    BTCはヨコヨコ

    XRPはずる下げ

    EOSもずる下げ

     

    この中で、ETHは微増で右肩上がりという安定感。

     

    XRP→バブル相場の恩恵大、下落相場で弱、通常相場?

    ETH→バブル相場は微?、下落相場でヨコヨコ、通常相場で安定感

    BTC→バブル相場は微?、下落相場の影響微大、通常相場でヨコヨコ

    ESO→XRPの下位互換

     

    最後に、Ratioの項目についてです。

    FRが0.01以上になった回数の割合です。

    この数値は、XRP、EOS、ETH、BTCの順番でした。

    EOSについては、XRPよりもRatioが低いかつ、下位互換なので、無視します。

     

    Ratioを重視すると、XRP、ETHが優秀

     

    去年はXRPを選択して間違いではなかったですが、しばらくはETHもえこひいきしていきたいと思います。

     

    よって、次に訪れるバブル相場ではXRP、通常相場ではETHで組んでいきたいなと思います。

     

    以上、3年間のデータを見たなんの根拠もない感想文でした!