デルタニュートラル研究所【仮想通貨,暗号通貨】

暗号通貨【ビットコイン(BTC)】【リップル(XRP)】【イーサリアム(ETH)】を利用した低リスク投資法のデルニューについて研究しています。取引所(bybitバイビット、バイナンスbinance)。金利(年利・月利)のまとめ。デルニューのメリット、デメリット、やり方、リスク、税金、確定申告など


  • 【クリックで応援】
  • 【脱税は×!】暗号通貨デルタニュートラルと確定申告

    デルタニュートラルと確定申告

     

    もくじ

     

     

     

    みなさん、確定申告はしていますか?暗号通貨トレーダーは耳にタコができるほどよく目にする情報化と思いますが、デルニューしているものとして記事にしなくてはならない気がしてきたので、書きたいと思います。

     

    デルニューしている場合、仮想通貨の両替(交換)によっても所得が発生する

    デルニューしている方にはおなじみかもしれませんが、海外の取引所では、BTC→XRPなどの仮想通貨同士の交換(両替)を行うことがあります。

    これは税制上、利益確定(というよりは日本円への変換)をしてから暗号通貨を購入したものとみなされるため、確定申告が必要になります。

    とはいっても、以下の場合は確定申告の必要はない可能性があります。

     

    ・所得の合計が20万円以下である

    ・所得の合計が、プラスではない(暗号通貨の所得は、雑所得なので、損失繰り越しが可能)

     

     

    暗号通貨の交換をした場合の計算方法

     

    購入(交換)する暗号通貨の価格(日本円)】から

     

    交換に使用する暗号通貨の購入単価×③交換に使用する通貨量】

     

    を差し引いたもの

     

    となります。

     

    BTC→XRPで通貨を交換するとします。

     

    ①は、交換先であるXRPを日本円に換算した場合の総額です。

    1XRP=100円の場合で、100XRPをBTCで交換する場合、

    ①は100円×100XRP=10000円となります。

     

    ②は、交換に使用するBTCについてです。

    個々での注意点は、交換に使用するだけのBTCの総額ではなく、保有しているBTCの平均購入単価ということです。BTCをあるタイミングで1回のみ購入した場合は、その購入額で計算することができますが、複数回に分けて購入した場合、平均購入単価として計算します。

     

    ③は、XRPに交換する場合に消費したBTCの数量です。①の例を借りると、1BTC=100万円で計算すると、③は0.01BTCとなります。

     

    計算例:BTCを使用して、100XRPを交換したい場合

    ・BTCの平均購入単価:1BTC=100万円

    ・1XRP=100円 とします。

     

    BTC→XRP

    ①:100円×100XRP=10000円

    ②:100万円

    ③:10000円=0.01BTC

     

    よって、計算式は以下の通りになります。

     

    10000-1000000*0.01=0円

     

    となります。

    この場合、所得は0円となりますので、確定申告せずとも脱税とはなりません。

     

    仮想通貨のレート、交換のタイミングなどによっては、所得がマイナスになることもあります。もちろんその場合は、確定申告の必要はありません。

     

    20万円以上プラスになった場合は、見かけ上は所得が増加しているように見えませんが、確定申告・納税が必要になりますので、注意してください。